FC2ブログ

【報告】東京都高等学校ボードゲーム選手権大会に参加しました(2018/11/3)

第1回東京都高等学校ボードゲーム選手権大会(於:武蔵高等学校中学校)に参加しました。記念すべき第一回は10チーム(5校+ワイルドカード1)での開催。過去の経験が何もなく、お互いのことも何も知らないプレイヤー同士が、新たな歴史を切り開く大会となりました。

2018-11-17-第1回選手権全体像.jpg
選手権大会は『モノポリー』『カタン』『カルカソンヌ(二人対戦)』各1名(+リザーバー2名以内)の団体戦形式です。各ゲームの順位に対して順位ポイントが与えられ、3つの順位ポイントの合計ポイントで順位が決まります。真剣にプレイする各チームの生徒たちと、鋭い目線で見学するリザーバーたちから、熱気が伝わってきます。

2018-11-17-第1回選手権モノポリー.jpg
ブラウン、ライトパープル、イエローが立ち並ぶ中盤戦。グリーンの独占からは脅威が見えず苦しい展開でしょうか。様々な思惑の中の一投です。

2018-11-17-第1回選手権カタン.jpg
青にロンゲストを取らせながら薄い鉄を使って勝利した盤面。どうやって鉄を調達したのか想像がつきませんが、9のかぶり目が強い感じです。初期配置はどうだったのでしょうか・・・?

2018-11-17-第1回選手権カルカソンヌ.jpg
18点草原を奪い合う中、道6点を獲得する場面。混みあっている赤の都市が完成するのか、多重破壊が速攻で決まるのか。緊張の続く中盤戦です。

『モノポリー』、『カタン』、『カルカソンヌ』は日本選手権(同予選会)が毎年のように開催されており、それぞれに対して協会や実行委員会が組織されています。このような公式大会が存在するゲームだからこそ、選手権大会で取り組む価値が増加します。今回の大会参加者の中から、公式大会で活躍するプレイヤーが出てくるかもしれませんね。

中大杉並の大会結果と選手コメントは以下の通りです。
【Aチーム】
総合1位(優勝)
カタン1位(優勝)
 私は3年生なのでこれが最後のイベントでした。結果、後輩と協力して総合優勝とカタン優勝を得ることができました。私はカタンに2戦出場し、両方勝利しました。カタンをプレイするときに意識していた岸野配置先の誘導や交渉などの運以外の要素を使って勝てたので悔いはなかったです。もう出られないのが残念なほど楽しい大会でした。

【チームB】
カルカソンヌ1位(優勝)
 私はS君と共にBチームカタンプレイヤーとして出場しました。プレイ経験の差はありましたが、今回は多少のプレイミスこそあれ、ダイスの女神と妖怪1ターン足りないに翻弄されたことは良い経験でした。2ゲーム目は特に白熱し、他校の生徒と共に親睦を深めることもできました。来年は習熟度もさらに縮まると思うので、対戦が楽しみでもあります。

【カルカソンヌ ワイルドカード】 
2位(準優勝)
 カルカソンヌのワイルドカードは、2人とも初戦では負けてしまったが、試合を重ね対策を考えたり、相手が連戦で疲れも見えたりしてきたので、なんとか勝てるようになってきた。最後は負けてしまったが、また次の大会では、今回の対策を考え、建設・防御・破壊をより上手にできるようにしたいです。

【顧問総括】
 初めての選手権大会ということで、生徒達は開催直前まで不安と期待が入り混じっていました。いざ蓋を開けてみると、集中してゲームに取り組み、その結果をチームに持ち帰り、次に活かしていたようでした。ラウンドの合間には他校の生徒と談笑する場面もあり、他校の部員たちとの交流もできたようです。
 大会の結果としては、「総合優勝」「カタンとカルカソンヌで優勝」「ワイルドカードのカルカソンヌ準優勝」と華々しい感じがします。その一方で「モノポリーの経験不足」や「チームAとチームBの実力差(≒層の薄さ)」といった課題もあります。「勝って驕らず、負けて腐らず」として成長に向かっていきたいと思います。
 ご声援、ありがとうございました。

おまけ1
ボードゲーム業界の有名ブロガーであるふうか様が選手権大会を取材されました。本校生徒の様子も記事に書かれています。
『第1回東京都高等学校ボードゲーム選手権大会』が開催されました
また、開催告知記事では、部員(当時)たちのエプロン姿も見えました。
高校生たちのボードゲーム選手権、11月3日に開催予定

おまけ2
選手権に関する様々なツイートがありました。








おまけ3
選手権大会の選手宣誓は本校生徒が担当しました。全文を掲載します。
宣誓

私たち選手一同は、ボードゲーマー精神にのっとり、練習の成果を発揮し、「また明日あなたと遊びたい」と言われるよう、全力でプレイすることを誓います。

平成30年 11月3日
選手代表 ★★ ★★
スポンサーサイト
2018-11-17 23:10 : 活動報告 :

【報告】テーブルゲーム体験会@緑苑祭2018(9/15(土)、16(日))

緑苑祭参加5回目の2018年度は参加者推定719名(初日前緑祭6名+初日340名+2日目前緑祭30名+2日目343名)でした。参加者推移は以下の通りです。
2014年度 131名(=59+72)@特別教室3
2015年度 313名(=180+133)@1-6教室
2016年度 355名(=191+164)@1-6教室
2017年度 619名(=(30+307)+(12+270)@1-6教室
2018年度 719名(=(6+340)+(30+343)@1-7教室
来客数は昨年度比で100名増の大盛況でした。ご来場、ありがとうございました。

2018-09-20-ドブル

2018-09-20-おばけキャッチ

2018-09-20-ナインタイル
瞬発力が必要なゲームは興奮度が高いようです。定番の『ドブル』『おばけキャッチ』に加え、2018年度からは『ナインタイル』を初導入。お目当てのタイルがなかなか見つからず、もやもやしながら焦る感じが楽しいポイントですね。

2018-09-20-ハゲタカのえじき

2018-09-20-ラブレター

2018-09-20-ゆかいなふくろ
定番の『ハゲタカのえじき』は今年もバッティングしまくってました。『ラブレター』はTCG経験者に馴染みやすいようで、繰り返しプレイされていました。2018年度からは『ゆかいなふくろ』を初導入。シンプルなルールなのに思い通りに進まないもどかしさを楽しめます。

2018-09-20-クアルト!

2018-09-20-ガイスター

2018-09-20-ノッカノッカ
この企画には2人でご来場いただくことも多いです。定番の対戦ゲーム『クアルト!』『ガイスター』に加え、2018年度からは『ノッカノッカ』を初導入。盤面が小さくコマも少ないので先が読めそうですが、3段目までの高さが読みを裏切ることもしばしば。シンプルながら奥深さを感じさせます。

2018-09-20-クラブ紹介ポスター
2018年度から、部活紹介のパネルを準備しました。対応するのは主に顧問。実は、この「テーブルゲーム体験会」はクラス企画だと勘違いされることが多かったようです。「思考ゲーム研究会」というクラブの企画であることをはっきりとアピールできたのではないかと思います。

画像の下の方に見える書籍は『カルカソンヌ最強指南書』『カタンサバイバルタクティクス』『放課後さいころ倶楽部(1~12)』といった思考ゲーム研究会の指定図書です。ゲームに強くなることと、ゲームの楽しさを知ることは、クラブの生徒たちには必要なことだと考え、クラブで所有しています。

2018-09-20-テーブルゲーム体験会全体像
様々なゲームで盛り上がる会場。この中に未来の部員がいるかもしれません。入部を心よりお待ちしています。

2018年度も人通りの多い場所だったこともあり、本当に大勢のお客様を迎えることができました。20名程度の部員が全員体制で対応できたのも良かった点です。特に、1年生をインストの主軸にしたことで、1年生が大きく成長するきっかけになったと思います。

一方、2017年度の課題だった「満卓で入場できない問題」は緩和できたものの、会場を覗いては別の企画に流れるお客様いたのも事実。引き続き、検討いたします。

2018-09-20-表彰
嬉しい報告があります。2017年度から新設された「人気投票 部活部門(第一体育館以外)」にて、2年連続で優勝を頂きました。来場者比重の高い計算方式であったことを考えると、外部評価の高い企画だったと受け止めています。お楽しみいただいた全てのプレイヤーに感謝いたします。

★寄贈ゲーム
以前のブログ記事でもお伝えした通り、本年度から東京都高等学校ボードゲーム連盟が発足し、思考ゲーム研究会も連盟に加盟しています。連盟の賛助会員様からボードゲームの支援を頂きましたので、報告いたします。

2018-09-20-寄贈品「ラブレター」×2
【株式会社アークライト】ラブレター2個

2018-09-20-寄贈品「ドブル」「ドブルキッズ」
【株式会社ホビージャパン】ドブル、ドブルキッズ

2018-09-20-寄贈品「おばけキャッチ」「ガイスター」
【有限会社メビウス】おばけキャッチ、ガイスター

上記以外にも、本校生徒の保護者から「家庭でプレイしなくなった」ということで「ガイスタートレッペ(おばけたぞ~)」を含む4点の寄贈がありました。お心遣いに感謝いたします。

おまけ1
2018-09-20-ゆかいなふくろ
「ゆかいなふくろ」の画像で気がついた方もいらっしゃるかと思いますが、「3が21枚」といったカードは自作です。ちょっとした工夫がカードゲームを楽しみやすくしてくれます。顧問の私物で余ったTCGスリーブとホワイトカードHGを使いました。

おまけ2
東京都高等学校ボードゲーム連盟に加盟する「日本学園中学校・高等学校」「朋優学院高等学校」「武蔵高等学校中学校」の生徒が遊びに来てくれました。『ノッカノッカ』や『クアルト!』、『ゆかいなふくろ』を楽しんでいただきました。顧問の私からは文化祭企画のポイントをお伝えいたしました。役に立てば幸いです。

おまけ3
テーブルゲーム体験会にはゲームを楽しむお客様がいらっしゃいますが、視察にいらっしゃるお客様もいらっしゃいます。東京都高等学校ボードゲーム連盟に加盟する学校の顧問教諭が視察されました。また、ボードゲームイベントを企画運営している区立図書館の方が1名、ゲームイベント運営の視察にいらっしゃいました。
これとは別に、プレイせずに見学だけを希望されたお客様が数名いらっしゃいました。ボードゲーム関係者だったのでしょうか・・・?(顧問は気になってしょうがない)

おまけ4
「テーブルゲーム体験会」に関するつぶやきやブログをいくつか発見しました。
ブログ ⇒ 中央大学杉並高校 緑苑祭運営委員会「第56回緑苑祭 2日目」







おまけ5
2017年度と2018年度の違いについて簡単にまとめておきます。
・参加できた部員の増加(13名⇒20名)
・部活エプロンの準備(10着⇒20着)
・卓の増加(9卓⇒11.5卓)
・知名度の上昇1(受賞歴なし⇒緑苑大賞一位(体育館以外部門))
・知名度の上昇2(新聞掲載なし⇒新聞掲載×2)
・提供するゲームの安定化1(できるだけ多く⇒9個に限定)
・提供するゲームの安定化2(様々なジャンル⇒二人用(3)+瞬発力(3)+思考力(3))
・動線の配慮(受付・ゲーム選定・誘導などの効率化)
2018-09-20 13:31 : 文化祭 :

【告知】テーブルゲーム体験会@緑苑祭(2018/9/15(土)、16(日))

緑苑祭(文化祭)に「テーブルゲーム体験会」として参加します。テーブルゲームを体験したことが無い人でも楽しめるゲームを用意しています。是非、テーブルゲームの魅力に触れてください。

準備しているゲームは以下の通りです。
■ 2人専用 『ガイスター』『クアルト!』『ノッカノッカ』
■ 思考力系 『ハゲタカのえじき』『ラブレター』『ゆかいなふくろ』
■ 瞬発力系 『おばけキャッチ』『ドブル』『ナインタイル』
※ 対象年齢は10歳以上(一部8歳以上)です
※ 説明込みで10~15分程度の軽いゲームばかりです。

会場
・2号館2階

時間
・9月15日(土)10:00-16:00
・9月16日(日)10:00-15:00

『ゲームに取り組む高校生活』を検討している中学生、『ボードゲーム同好会の設立を検討している高校生や先生方』は是非参加下さい。部長や顧問が対応いたします。

おまけ
緑苑祭運営委員会のブログで紹介されています。
2018-09-09 16:53 : イベント告知 :

【報告】2018年度  夏合宿 (2018/8/6(月)-9(木))

2018年度の夏合宿は埼玉県秩父にある越後屋旅館で行いました。日程は8月6日(月)~9日(木)の3泊4日です。昨年度から一日多い合宿です。台風が心配でしたが、移動日時から外れて一安心。

★人狼【1年生が仕切る村】
2018-08-11-1年生が仕切る村
合宿恒例の人狼NIGHT。今年度は他のゲームとの兼ね合いで時間は少なめ。

タブラの人狼では、11人の村【占い師、霊媒師、ボディーガード、人狼(2)、憑依つき、ハムスター人間、村人(4)】で8回プレイしました。今年度の1年生は声が小さく不安でしたが、一生懸命に話したり騙ったりしていました。声の大きさが課題ですね。

毎年の事ですが、1年生の初GMでは事件がいろいろ。
事件1:占い師の判定結果を声に出して伝えた
事件2:ハムスターを占ったのに、とけなかった×2回

「タブラの人狼」勝利陣営
・第1村 人狼
・第2村 村人
・第3村 村人
・第4村 村人
・第5村 ハムスター
・第6村 ハムスター
・第7村 人狼
・第8村 人狼

★カルカソンヌ(練習会、部内戦)
2018-08-11-カルカソンヌ全体像
カルカソンヌの目標の一つが「日本選手権予選会で学外の人に一勝」です。2年生以上は基礎知識と基礎技術の修行中、1年生は連続対局に挑戦中。目標に向かって上級生が1年生に指導打ちです。
2018-08-11-カルカソンヌ近影
二日目午前中の練習会の一コマです。中盤から終盤にかけて、緑が修道院ポケットを埋める瞬間。道修道院完成のタイルは出きってますが、残りタイルを踏まえると「1手8点確定」の好手のようです。右上のリップも回収しやすそうなのも良い感じ。

★カタンの開拓者たち
2018-08-11-カタン序盤
初期配置は学習することが多く、カタン初心者が最初に乗り越えないといけない大きな壁です。序盤の展開を部長が1年生に指導しているようですね。(顧問の記憶だと、1年生の初期配置に無理があった気がしました)

★モノポリー
2018-08-11-モノポリー近影
思考ゲーム研究会では、今回の合宿がモノポリー初体験です。慣れない交渉の末、ボードウォークに2軒、グリーンに2軒ずつ、イリノイ通りに2軒。刑務所に逃げ切れるか、グリーンやダークブルーに捕まるか。勝負の分かれ目を経験中。

★顧問所感

今年の合宿は東京都高等学校ボードゲーム連盟の設立時加盟初年度の合宿ということで、合宿の内容を刷新しました。過去の合宿では人狼を数多くこなし交流の色合いが濃かったですが、今年度からは競技色の強い合宿へと生まれ変わりました。合宿最後のミーティングでは部員達の真剣な面持ちも見られ、クラブとしても成長したと感じました。

そして、もう一つ。2018年度は新入部員が10人以上入部したことで、私が全員を指導することはできなくなりました。本年度は上級生が下級生を指導する部活に前進すべく、第一歩を踏み出しました。合宿中も下級生のフリープレイに指導する上級生という場面が何度か見られました。このような事が伝統になるには年月がかかります。じっくり焦らず、取り組みたいものです。

おまけ
越後屋旅館様のブログに宿泊の報告があります。

・中学生や本校生徒の皆さん、思考ゲーム研究会で貴重な体験をしてみませんか?
 ■クラブ体験希望の中学生はお問い合わせからの連絡をお願いします。
 ■本校生徒は顧問の生田へ連絡してください。
2018-08-11 22:33 : 夏合宿 :

【報告】図書館イベント「ボードゲームをやってみよう」スタッフ参加@杉並区中央図書館(2018/7/30)

杉並区中央図書館のお呼ばれで、図書館イベント「第2回ボードゲームをやってみよう」にスタッフ参加しました。

2018-08-03-第2回ボードゲームをやってみようポスター
今回は夏休み期間での開催です。ポスターも夏の雰囲気が伝わってきます。

2018-08-03-ボードゲームをやってみよう全体
第2回は夏休み中の図書館開催で、参加者は小学生~中学生の30名程度でした。

2018-08-03-おばけキャッチ
小学生に毎回人気のおばけキャッチ。図書館員の方も交じっていましたが、子どもの方が早いです。

2018-08-03-クアルト
静かにプレイするクアルト!。頭脳派の子どもには人気です。

2018-08-03-カルカソンヌ
5人でカルカソンヌ。多くの小学生にとっては難しいですが、頑張っていたようです。

おまけ1
当日のゲームリストは以下の通りです。
・カルカソンヌ
・ラブレター
・クアルト!
・ハゲタカのえじき
・おばけキャッチ

おまけ2
2018-08-03-読書記録ノート
今回も読書記録ノートを頂きました。ミープルが可愛らしいですね。
2018-08-03 23:22 : 活動報告 :
ホーム  次のページ »

思考ゲーム研究会ブログのカウンター

プロフィール

思考ゲーム研究会(テーブルゲーム同好会)

Author:思考ゲーム研究会(テーブルゲーム同好会)
近代テーブルゲームを真剣に、楽しくプレイしています。本気でテーブルゲームをしたい人、集まれ!
Twitter

検索フォーム

QRコード

QR